CHECK

ワンちゃんを飼うなら知っておきたい!ドッグフードとアレルギーに関するお役立ち情報を紹介

このサイトでは、ドッグフードとアレルギーに関する次のことについて紹介します。
1つ目は食べ物で引き起こす原因となる主なものを知ってワンちゃんの食事に気をつけてあげましょう。
2つ目はどのような症状が現れやすいか知っておくと、ワンちゃんの行動や様子でもしかしてと気づくことができます。
3つ目は大切なワンちゃんのために対策としてできることとして動物病院で血液検査を受けられます。
またアレルゲンが含まれないもの、ワンちゃんに合ったものを選んであげましょう。

ワンちゃんを飼うなら知っておきたい!ドッグフードとアレルギーに関するお役立ち情報を紹介

ドッグフードとアレルギーに関するお役立ち情報を紹介します。
アレルギーの主な原因は穀類や乳製品や卵や食品添加物などです。
犬は肉食動物であるため穀物をうまく消化吸収することができません。
グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選びましょう。
添加物にも注意が必要で体内で反応して発がん性物質を発生させることもあります。
症状としてはかゆがたりフケがでたり抜け毛が多かったり、下痢・嘔吐や口臭やくしゃみなどで皮膚や口や鼻や耳に症状が出やすいです。
対策としては動物病院で血液検査でアレルゲンを特定するといいです。
またアレルゲンが入っていないドッグフードを選びましょう。
原材料は袋の裏に記載されています。

アレルギーを持つワンちゃん専用のドッグフードを選ぶ

犬を飼っている家庭は少なくありませんが、犬も人間と同じように毎日の食事が健康を支えるための重要なポイントになってきます。
犬は人間と同じような食べ物を食べるようなこともできますが、健康的な食事を用意する場合はドッグフードを買わないといけないです。
犬にもアレルギーの問題などがありますから、最初に動物病院などでアレルギーのチェックをしておくといいかもしれません。
仮にアレルギーがある食材が含まれているドッグフードを用意してしまうと、体調不良になってしまうようなリスクがありますから、最初の段階から注意をしておかないといけないです。
アレルギーなどに対応している専用のドッグフードを購入することができれば、そのような問題を防ぐことができますから、少し値段が高くなるような可能性はありますが積極的に購入するのが大切になります。
そのような商品を専門的に販売しているお店もありますから、最初にお店を探してチェックしておくのが重要です。

アレルギー反応が出た時はすぐにドッグフードを変えよう

アレルギー反応が出たら、迷うことなくすぐにドッグフードを変更する必要があるのではないでしょうか。
アレルギーの原因は環境だったり、生活習慣にもよりますが、食生活もまた無視できないポイントの1つです。
ドッグフードにはアレルギーの原因となり得る物質が含まれていることがあるので、それらしい症状が見られる場合は真っ先に疑われます。
症状といっても様々ですが、一般的には犬が痒がる様子を見せたり、抜け毛やフケが増えるといった変化があらわれます。
他にも下痢や嘔吐が増えたり、くしゃみや口臭が目立つケースもあります。
いずれにしても、アレルギーの判断や原因の特定、治療には獣医師に相談が不可欠ですが、飼い主にできることがあるとしたらこの相談とドッグフードの変更です。
ドッグフードを変える時はまず、穀物不使用のグレインフリーかどうか、動物病院でテストを受けてアレルゲンにあてはまる成分が原材料に含まれていないことを確認するのが正解ではないでしょうか。

アレルギー予防をするなら動物病院でドッグフードのアドバイスをもらうのがおすすめ

皮膚の痒みや赤み、軟便などの症状を現す食物アレルギーは、なりやすい犬種こそありますが、どんな犬でもある時期から急に発症したりフードを変えた途端に出始めたりすることも珍しくありません。
このようなアレルギーを疑う場合は、動物病院でアドバイスをもらうのがお勧めです。
獣医師や看護師はドッグフードの種類にも精通しており、アレルギー体質の子に適した専用のドッグフードを紹介してもらえます。
様々なメーカーがコンセプトの異なるアレルギーフードを販売しており、どれもサンプルサイズが用意されています。
市販のものでも山ほど種類があって飼い主だけでは選びきれないため、症状や犬種、年齢を伝え、制限食や加水分解食など最適なフードを選んでもらうのが予防の近道になります。
動物病院でなら、検査によってアレルゲン物質を絞り込むこともでき検査結果をもとにドッグフードを選ぶこともできますし、除去食試験という特定のアレルゲン物質を含まないフードを試してみて症状がどうなるかで判定する検査法を用いてドッグフードを決めることもできます。

アレルギー対策ドッグフードが一般的なドッグフードよりも優れている点とは?

アレルギー対策用のドッグフードが一般的なフードよりも優れている点はいくつかあります。
一つ目は原材料がはっきりしており、アレルゲンとなり得る材料は使われていない点です。
アレルギーの原因となる食品は様々ですが確率の高いものはいくつか判明しており、それを除去することで症状を起こさないフードが作られています。
二つ目は添加物が使われておらず、アレルギー体質の子にも優しいフードである点です。
添加物自体に反応するケースも多く、そもそも材料が良質であれば添加物で見た目や香りを良くする必要もないため、無添加であること自体が良いフードの証でもあると言えます。
三つめは原材料の質が高く、消化に優しい設計になっている点です。
アレルゲン物質となる食品を除去する分、栄養バランスを考えるため使用する材料は人間と同レベルの高品質なものが選ばれ、消化不良などを起こしにくい構造や製法で開発されているものが多く、アレルゲンが不明だけれどアレルギー体質があるというケースでも安心して使えるドッグフードです。

ドッグフードに関する情報サイト
ドッグフードとアレルギーに関するお役立ち情報

このサイトでは、ドッグフードとアレルギーに関する次のことについて紹介します。1つ目は食べ物で引き起こす原因となる主なものを知ってワンちゃんの食事に気をつけてあげましょう。2つ目はどのような症状が現れやすいか知っておくと、ワンちゃんの行動や様子でもしかしてと気づくことができます。3つ目は大切なワンちゃんのために対策としてできることとして動物病院で血液検査を受けられます。またアレルゲンが含まれないもの、ワンちゃんに合ったものを選んであげましょう。

Search